★最終更新日2008.02.07
株式投資は人権蹂躙の世界
通常の仕事と違うこと
心得1
心得2
選ぶべき株式
株式売買をするに当り
やるべき事
誓詞
立花正義先生 
相場の張り方
分割売買
チャートの見方 1
検討すべき重要ルール 1
テクニカル分析の考え方の基本

グラフの基本
買い方
売り方

ギャンの考え・相場をする時の注意点
低位株投資法
株式投資最高奥義「つながり売り 」もの・その1、その2

株式投資とは
株式投資の難しい理由
分割買い
ウォール街のヘソ曲がり達
ハゲタカ投資家
株式売買 練習の手引き
何故 株式売買をするか

  1. 大きなトレンド(流れ、潮流)を観る
        

    まず、月足罫線(チャート)で観る


    (初めは市販のチャート集)

    めざせ100銘柄(徐々に自分で書く)

    1mm 1円・2mm 幅・1mm間隔

    又は、1mm 2円・2mm 幅2・mm間隔

    その中からさらに週足罫線で底近くになっているのを選ぶ

    (注)メインは月足の事





  2. 底が来るまでひたすら耐えて待つ


  3. 保合いの確認


  4. 分割買い(底値難平が理想、ただ充分に出来るようになるには、練習が必要)


  5. ひたすら耐えに耐え

    (ただし、プロはこの間に何回も売買を繰り返す)

    (1回に一割程度の利益は欲しいものである)

    (私の場合は1回に3〜70000円程度の利益を目標としている。)

    (3ヵ月は耐える)




  6. 天井確認


  7. 一括 売り

    (資本金が¥5000万になるまで)




  8. プロは結果として何度も売買するので失敗も多いが、損切りが自由に出来るので結果としての損失額は少ない。

    (自由に損切りが出来れば、1人前ナノですが・・・出来ないでしょうネ)

    利益の時に粘るので、利益額ともアマチュアより遥かに大きくなる。



 

 

 

>>次へ

 


© 亀戸投資研究所All Rights Reserved.