★最終更新日2008.02.07
株式投資は人権蹂躙の世界
通常の仕事と違うこと
心得1
心得2
選ぶべき株式
株式売買をするに当り
やるべき事
誓詞
立花正義先生 
相場の張り方
分割売買
チャートの見方 1
検討すべき重要ルール 1
テクニカル分析の考え方の基本

グラフの基本
買い方
売り方

ギャンの考え・相場をする時の注意点
低位株投資法
株式投資最高奥義「つながり売り 」もの・その1、その2

株式投資とは
株式投資の難しい理由
分割買い
ウォール街のヘソ曲がり達
ハゲタカ投資家
株式売買 練習の手引き
何故 株式売買をするか


買いの諸ルール(月足チャート集で見る)
1.4〜5年下げ続け3段下げ終了の銘柄を選ぶ
 

月足チャート集を買う事になる

一段下げ終了とは、下げてきた陰線1本を2本以上かけて、
陽線が戻ることを言います。(逆行新値2本とも言います)

良さそうな銘柄を100社選ぶ

2.2番底形成を待つ

待つのも修行 なかなか大変です

100銘柄も良さそうなのを選択しているのですから、他の銘柄に手を出しちゃダメ

3.2番底の陰線下部の十字は直ちに買い

売りと買いの勢力の拮抗している証拠です。

ぱーっと、上がって行く事が多い

4.W型の底を造る

下にきての6連続陰線に注意

毛抜き(2番底)が来るのを待つ

そろそろ上がりますよ

 

5.三角形に注意

すでに4〜5年下がった株では、安定株主以外?売ってますので、少しの買いで株価が上がっていきます。

底での三角形は、一番強いのが<切り上がり三角形>
(2〜3年掛かった三角形は大きく上がる)

次は、二等辺三角形

その次は、切り下がり三角形(下向き三角形とも言います)

6.三角形先端の陰線株の十字は直ちに買い

結構上がりますよ

7.安値になり、値動きが煮詰まってきて

5連続陽線は買いの準備・・・次の2連続陰線をみて買い兆陽線を見て、
その後陰線2本を観て買い

8.過去4〜5本を一気に抜く陽線は上げる兆し

9.保合い、または安値から長い陽線が出たとき

その後の3分の2の押しの時に買う

10.W型、M型の後の切り返しは上げ初めと思う可し
11.切り上がりの三角形の上の線を5円以上抜けた買い
 

 

 

>>次へ



© 亀戸投資研究所All Rights Reserved.