★最終更新日2008.02.07
株式投資は人権蹂躙の世界
通常の仕事と違うこと
心得1
心得2
選ぶべき株式
株式売買をするに当り
やるべき事
誓詞
立花正義先生 
相場の張り方
分割売買
チャートの見方 1
検討すべき重要ルール 1
テクニカル分析の考え方の基本

グラフの基本
買い方
売り方

ギャンの考え・相場をする時の注意点
低位株投資法
株式投資最高奥義「つながり売り 」もの・その1、その2

株式投資とは
株式投資の難しい理由
分割買い
ウォール街のヘソ曲がり達
ハゲタカ投資家
株式売買 練習の手引き
何故 株式売買をするか


 

  1. 1株当たり純資産に食い込む銘柄を選ぶ


  2. 1株当たり純資産増加の銘柄は良い さらに


  3. 3期連続増加の会社はもっと良い


  4. 人員整理、資産増加の会社は良い   

    もう上がりはじめる



  5. 経常利益30%増しの会社は良い   

    10%程度の会社はやめる



  6. 日本証券決済株式会社が株主10位以内に登場してきた会社は買い

    仕手の登場?信用で買われてあがる可能性大きい



  7. 前期赤字で今期黒字予定の会社は良い

    上がる可能性が大きい



  8. 5期連続無敗及び債務超過の会社はダメ

    安全を優先させる為です。





 


株価収益率 PER


1株当たり利益に対して、株価がどの程度買われているかを示す。

株価÷1株当たり年利益(税引き)で示す。

利益は株主の所得に帰すべきものであると言う考えに基づく。

収益率が高いと言う事は、その企業の利益が高く買われている事を示し、

低いと言う事は、利益が低く買われてない事をしめす。しかし、

株価の割高、割安を必ずしも示すとは言いがたい。

成長の見込みが高ければ収益率は高く、低い企業は低くなるとも言える。




 

 前へ<<

 

 


© 亀戸投資研究所All Rights Reserved.