★最終更新日2008.02.07
株式投資は人権蹂躙の世界
通常の仕事と違うこと
心得1
心得2
選ぶべき株式
株式売買をするに当り
やるべき事
誓詞
立花正義先生 
相場の張り方
分割売買
チャートの見方 1
検討すべき重要ルール 1
テクニカル分析の考え方の基本

グラフの基本
買い方
売り方

ギャンの考え・相場をする時の注意点
低位株投資法
株式投資最高奥義「つながり売り 」もの・その1、その2

株式投資とは
株式投資の難しい理由
分割買い
ウォール街のヘソ曲がり達
ハゲタカ投資家
株式売買 練習の手引き
何故 株式売買をするか

 


パイオニア売買20年に及ぶ相場師の金言
(著者の顧問税理士の顧客だった人で、故人です。)
売買の上達のコツは・・・

 


1.自分なりの売買をする

自分に合った型を基準として売買する
短期売買、長期売買、等々。
ちなみに、著者の場合、長期売買(保有)は全部赤字です。


2.分割売買をする

ためし玉を活用するしないに関わらず、分割する。
一発当てようと大量売買は良くない。
1−2−3 とか、 1−3−5と分割して買い増しする。
いかにして購入した株券の買い平均値を下げるかということです。
底で買えば、言うことはありませんが、現実は底(最安値)で買えるものではありません。
下がるのを怖がらず、買い増しをするのです。
下がるのをウハウハ喜び?買い増しする。


3.ゼロをつける

区切りをつける。不利な玉を切るのふたつ。
一年に一度、持って株を全部売る。なかなか出来ない事です。
人によっては、年に2度強制的に、売り払います。
通常は、年末に売り払う人が、多いとされています。
買った株が値下がりしていればいるほど、売り払うのが正しい処理の方法です・・・
とは言うものの、なかなか出来ないよね〜。
越年玉は持つべからず。
現物でも信用でも、

【1】長期的な資産運用の為、現株
【2】中、短期のものでは、計画的な建て玉以外のものは、年を越えて行ってはいけない、
  というのが 売買利益で生活者の鉄則です。

 

次のページへ

 

 

 

 

 

 

 

 


© 亀戸投資研究所All Rights Reserved.